結婚式アルバム節約方法

提携業者と外部の業者

結婚式の思い出はぜひアルバムに残したいですよね。そうなるとスナップ写真にはこだわりたいものです。そのためプロのカメラマンに依頼しましょう。結婚式場の提携業者であれば式場の造りや光の入り方や角度などはバッチリですし、式場スタッフとの連携もうまくいっていますからスムーズに写真を撮ってくれるでしょう。ただし料金は高めです。外部の業者は値段を節約したい場合におすすめです。ただし式場スタッフとの連携の問題や持ち込み料がかかるというデメリットもあります。どちらもメリット、デメリットがありますのでよく考えて決めましょう。

ゲストに依頼してはだめ

時々ゲストの中に一眼レフカメラなどを持って「撮ってあげるよ」と言ってくれる人がいます。もちろんその好意は実にありがたいものですが、ゲストには依頼すべきではありません。そのゲストがプロカメラマンであったとしても、挙式当日はゲストの一人として式場スタッフに認識されるので、ベストポジションで写真撮影ができない可能性があります。またずっと新郎新婦に張り付いているわけにもいきません。そのためゲストには結婚式を楽しんでもらいましょう。

データのみもらって後は自分で

さて結婚式が無事終わったら、結婚式のアルバム作成に移ります。これは結婚式場に依頼すると値段が高いですし、満足のいく出来になるかと言うとそういう保証もありません。そのため写真データだけもらって、アルバムは自分で作ると節約になります。最近のフォトブックなどは紙質などにもこだわれますし、何より自分が気に入った写真を使って作れるのが良いですね。レイアウトも自分の思い通りなので楽しく作ることができるでしょう。

大阪の結婚式場を探す場合、ウェディング雑誌や専用のサイトなどで調べるとたくさん見つけることが出来ます。